腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛対策グッズ

車の運転にオススメの腰痛対策クッションとは?運転で腰痛が悪化する3つの理由。

腰が痛いってのに、どうしても自動車の運転をしなければならないときがあります。

腰痛なのに、仕事で運転するときもあるでしょう。

腰痛持ちのドライバーであれば長時間運転を続けて、腰が痛くなったこともあるのではないでしょうか?

 

長期間運転し続けると、腰に負担がかかり、腰痛悪化の原因になってしまいます。

自動車の運転で腰痛が悪化する3つの理由と、自動車の座席シートで使えるオススメの腰痛対策クッションを紹介します。

スポンサーリンク

自動車を運転することで腰痛が悪化するかもしれない3つの理由

長距離トラックの運転手や配送ドライバー、タクシーやバスの運転手には腰痛に悩んでいる人が多くいます。

車を運転することは、以外にも腰への負担が大きいのです。

その3つの理由を紹介します。

①ずっと同じ姿勢

実は重いものを持つ行為よりも、ずっと同じ姿勢を続ける方が腰へのストレスが強いです。

運転していると、ずっと腰が圧迫し続けられるので、変に骨が曲がったり、血流が悪化してしまいます。

そのため、同じ姿勢で運転をし続けなければならないドライバーには腰痛が多いのです。

②筋肉が緊張する

運転中のドライバーは、自分ではリラックスして運転しているつもりでも、無意識に緊張しています。

そのため、築かないうちに腕に力が入ったり、肩に力が入ったりしています。

もちろん運転中の腰の筋肉も、散歩をしていたり、家でくつろいでテレビを模ている時よりもはるかに緊張しています。

この緊張によって筋肉もこわばり、血流が悪化。これが腰の筋肉も疲れや痛みの原因になってしまうのです。

③振動が腰に伝わる

自動車で道路を走っていると、思わぬ突起物で激しい振動を感じることがあります。この振動が直接的に腰に伝わり、腰痛悪化の原因になります。

綺麗に舗装された道路でもかなりの振動がありますし、舗装されていないデコボコ山道ならなおさらです。

たしかにわずかな揺れかもしれませんが、これが何時間も続いたら…?

腰にとって良いわけありませんよね。

腰痛で運転するなら、自動車の座席にクッションを!!

車の運転中は座席にクッションを敷くことで、振動を和らげたり、腰への負担を減らすことが出来ます。

といっても、普段過程で使っているようなクッションをそのまま使うのはイマイチ。

どうせ使うのなら、運転に最適化された腰痛クッションを使うようにしましょう。

オススメはスタイルドライブという運転に特化した腰痛クッション。

このクッションに座ると、自然と姿勢が良くなります。猫背や前かがみの姿勢も、腰の負担の一因なので、それも自然と矯正されるでしょう。

柔らかい素材が腰の疲労を軽減するので、長距離を運転しても腰痛が悪化しにくくなると思います。

ほかにもたくさんの腰痛対策クッションがありますが、値段や機能を総合的に判断すると、自動車の座席にセットするならこの商品がイチオシです。

 

1日に何時間も運転するのなら、絶対にお尻の下がふっくら柔らかな方が良いですよね。

普段から自動車を運転すると腰に痛みを感じる人、慢性的な腰痛に悩まされているドライバーさんにとっては「腰痛対策クッション」は”必須のアイテム”なのではないでしょうか。

【送料無料】 Style Drive スタイルドライブ mtg 正規品 【MTG 正規販売店】 style ボディメイクシート style 姿勢 スタイル ドライブ 椅子 スタイル ドライブ 運転 腰痛 クッション 骨盤矯正 運転席 姿勢矯正 バランスチェアー 腰痛対策 腰痛 05P03Dec16

☆スポンサーリンク☆

-腰痛対策グッズ

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.