腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛対策グッズ

湿布に配合されている鎮痛成分の種類と効果まとめ

腰痛の痛みを軽減するための「鎮痛薬」には大きく2種類あります。

服用する飲み薬と、患部に塗布してつかう塗り薬です。

塗り薬の方は、飲み薬とは違って重篤な副作用がでずらく、安全に使用できるため、飲み薬にくらべて鎮痛効果の強い成分を使うことが出来ます。

湿布などにも使われていて、有効成分が皮膚から吸収されて、患部の炎症を抑え、腰痛の痛みを軽減します。

このような抗炎症・鎮痛作用のある成分として有名なのが「フェルビナク」や「インドメタシン」です。きっとCMなどで聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらの有効成分の種類や効果について説明します。

スポンサーリンク

湿布に使われる抗炎症・鎮痛作用のある有効成分まとめ

☆インドメタシン

インドメタシンは非ステロイド性抗炎症薬のひとつで、多くの湿布にも配合されている成分です。

非ステロイド性抗炎症薬は、強い消炎作用と鎮痛作用を持っているので、湿布から皮膚に吸収されて腰痛の痛みを軽減する作用があります。

☆ジクロフェナクナトリウム

ジクロフェナクもインドメタシンと同様に非ステロイド性抗炎症薬のひとつ。こちらも強い消炎と鎮痛作用を持っています。

皮膚から鳩首され、痛みの原因となる物質「プロスタグランジン」の生成を阻害することで、痛みを軽減する作用があります。

☆グリチルレチン酸

グリチルレチン酸は甘草(カンゾウ)という生薬のエキスから抽出される、強い抗炎症作用をもった成分です。カンゾウエキスは抗炎症作用があるわりに、比較的安全性が高いので、育毛剤などにも良く配合されています。

グリチルレチン酸を患部に塗布すると、筋肉の炎症を軽減させることができ、筋肉痛や腰痛の痛みも緩和するといわれています。

☆フェルビナク

フェルビナクも抗炎症、鎮痛作用を持った非ステロイド性抗炎症薬のひとつ。肩・腰・関節・筋肉の痛みに優れた効きめを発揮します。

☆サリチル酸グリコール・サリチル酸メチル

サリチル酸は抗炎症・解熱・鎮痛作用のあるアスピリンと似たような構造をした物質。

サリチル酸グリコールもサリチル酸メチルも、アスピリンと同様に抗炎症・鎮痛作用を持っています。

あの有名な「サロンパス」に配合されている抗炎症・鎮痛成分でもあります。

 

☆唐辛子エキス

唐辛子を食べると、辛くて熱くなり、汗をかいてきます。唐辛子エキスは皮膚からも吸収され、食べた時と同様に患部を活性化させる効果があります。

唐辛子エキスによって患部が熱くなり、血行がよくなれば、温熱効果により腰痛の痛みも軽減されると考えられています。

☆メントール

メントールは患部をスースーとさせる効果があります。唐辛子エキスは温感湿布に使われますが、メントールは冷感湿布によく使われます。

メントール自体に鎮痛作用はありませんが、患部を冷やすことが痛みの軽減につながるでしょう。

☆ビタミンE

食べ物に含まれていて、健康の維持に大切なビタミンEですが、皮膚からも吸収することが出来ます。

ビタミンEは患部の血行を促進し、腰痛の改善を助ける効果があります。

いろいろあるけど、腰痛にオススメの成分は?

湿布には鎮痛作用を持ったたくさんの成分が含まれていますが、結局のところどれが一番オススメなのでしょうか?

オススメは「非ステロイド性抗炎症薬」に分類される鎮痛剤が配合された湿布です。

具体的にはフェルビナク・インドメタシン・ジクロフェナクナトリウムなどの有効成分ですね。

これらの非ステロイド性抗炎症薬は、その効果が強いので服用する場合は医師の処方箋が必要となります。病院に行かないと手に入らないんですね。

だけど非ステロイド性抗炎症薬の配合された湿布であれば、医師の処方箋なしにドラッグストアで購入できます。

湿布であれば皮膚から吸収されるため、副作用のリスクが少なくなるから、医師の処方箋が必要ないんですね。

このことからもわかるように、非ステロイド性抗炎症薬はエビデンス(科学的な根拠)がしっかりとした有効成分です。これらの成分が配合された湿布を使えば間違いないでしょう。

 

湿布を選ぶ際には、使わている成分も大切ですが、どれくらい配合されているのかをチェックするのも大切。もちろん、たくさんの鎮痛成分が配合された湿布を使うのがオススメです。

インドメタシン1%配合なのか、フェルビナク5%配合なのかでも効き目が違ってきます。

配合されている分量は商品によって若干違ってくるようです。

例えば非ステロイド性抗炎症薬のフェルビナクが5%配合された「ビーエスバンFRテープV」は、最も人気の高い湿布薬のひとつ。フェルビナクが5%以上の割合で配合されている湿布は今のところ販売されていないので、最も配合率が高い湿布ということになります。

非ステロイド性抗炎症薬が配合された湿布は、それ以外のものよりも割高というデメリットがありますが、ビーエスバンFRテープVは比較的安くて、たくさん入っているのでオススメです。

 

というわけで、湿布を選ぶ際には「非ステロイド性抗炎症薬」の配合された商品を選びましょう。辛い痛みには確実に効果を発揮すると思いますよ!!

☆スポンサーリンク☆

-腰痛対策グッズ

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.