腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛の基礎知識

腹筋をすると腰痛になる!!バスケ協会が発表した内容とは?

慢性腰痛の改善のために、むやみに腰を安静にしておくのは逆効果。最近の腰痛治療の最前線では、むしろ積極的に動かすことが腰痛改善に有効であると考えられています。

とはいえ、間違った運動のやり方は腰痛を悪化させる一因になるようです。

日本バスケットボール協会は指導する上での”推奨できないトレーニング方法”として腹筋運動を上げています。

その理由は腹筋運動が腰痛の原因になるから。

なぜ腹筋運動は腰痛の原因になるのでしょうか?

スポンサーリンク

腹筋運動が腰痛の原因になる理由

日本バスケットボール協会はカナダにあるウォータールー大学のシュチュアート・マックギル名誉教授の研究を基にして、腹筋を止めるように判断したようです。

 協会が参考にしたのが、カナダ・ウォータールー大のスチュアート・マックギル名誉教授の研究だ。

ひざを曲げた状態か、伸ばした状態かに関わらず、上体起こしで脊椎(せきつい)が圧迫される力は、米国立労働安全衛生研究所が定めた腰痛につながる基準値と同等だとする研究結果を発表した。

何度も繰り返すことで、背骨の間の椎間板(ついかんばん)を痛めるという。

参照元:「腹筋運動」は腰痛の原因 バスケ協会「推奨できない」

一般的な腹筋運動は、腰に過剰な力のかかった状態で、寝そべった姿勢から上半身を起こすトレーニングです。

これを何度も繰り返すと、椎間板を傷め、ヘルニアになってしまうリスクを上昇させるとのこと。

そこでオススメされているのが「カールアップ」という腹筋運動です。

腰痛にならずに腹筋を鍛えるカールアップの方法

①寝そべって両手を頭を後ろで組む。

②両足をピンと伸ばして地面から浮かせる。

③頭をおへそを見る感じで持ち上げ、同時に両ひざを曲げる。

④おでこと両膝をくっつける様なイメージで力を入れる(実際にくっつける必要はありません)

 

これを繰り返します。

カールアップをしている間中、頭と両足を地面から上げ続けるのがポイントです。

手を頭の後ろ組むのではなく、胸で交差させてカールアップするのもよいでしょう。

頭と両膝をくっつけた状態を10秒ほどキープすると、さらに効果がアップします。

腰に負担をかけることなく、安全に腹筋を鍛えることができるでしょう。

腹筋の腰痛への効果

腹筋を鍛えることは、腰痛の改善や予防に有効と考えられています。

腰回りの筋肉がしっかりしていれば、それ自体が天然のコルセットとして作用するからです。

間違った腹筋運動は腰痛を悪化させてしまうかもしれませんが、正しい方法で腹筋運動をすれば、腰痛の改善や予防に役立つのでしょう。

とはいえ、やりすぎは禁物!!

腰痛改善のためには、カールアップをめちゃくちゃ頑張るよりも、全身をバランスよく鍛えたり、腰を動かすストレッチをしたり、ウォーキングをするのがオススメですね。

☆スポンサーリンク☆

-腰痛の基礎知識

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.