腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

急性腰痛(ぎっくり腰)の原因と対策

ぎっくり腰(急性腰痛)の症状と原因

更新日:

ぎっくり腰(急性腰痛)はある日突然、腰に耐えられないくらいの激痛が発生する病気。

西洋では「魔女の一撃」と呼ばれて恐れられています。

その症状と原因を紹介します。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の症状と原因

ぎっくり腰になってしまうと、突然腰に恐ろしい痛みが発生します。

発症すると痛みでまったく動けなくなる事も多いです。

  • くしゃみをするだけで痛い。
  • 椅子に座れない。
  • 歩くのが困難になる。
  • 一度座ると立ち上がることができない
  • 横になると楽になるが、寝返りを打つことができない

このような症状があり、日常生活を送ることも困難になってしまいます。

 

そんな恐ろしいぎっくり腰は、日常生活のふとした動作がきっかけで突然発症することがあります。

  • 重いものをもつ。
  • 負荷の高い運動をする。
  • 身体をひねる。
  • 転倒する。
  • 腰を何かに打ち付ける。

くしゃみなんかでもぎっくり腰になってしまう場合があるので注意が必要です。

ぎっくり腰は”症状名”であり、正確な病名ではありません。なので、ひと口にぎっくり腰といっても様々な原因が考えられます。

omoimono

急性筋・筋膜性腰痛症

腰に負担のかかる動作で発症しやすく、腰の筋肉が引き延ばされたことよる負荷で切れてしまい起こる腰痛。

「肉ばなれ」が腰で発生したと考えれば、イメージがつかみやすいでしょう。

特効薬はなく、腰を動かさないようにして安静にしていることで、数日で痛みは引いていきます。

腰椎捻挫(ようついねんざ)

腰を曲げたり捻ったりしたときの強い負荷が腰椎にかかり、じん帯が損傷することで、腰がねんざの様な状態になる腰痛。

ねんざと同じように、患部を冷やしたり、動かさないことが大事。

腰椎椎間板ヘルニア

背骨は小さな骨が連なって出来ていて、その骨と骨の間では”椎間板”という軟骨が緩衝材の様な役割をしています。

腰にある椎間板が飛び出してしまうのが腰椎椎間板ヘルニア。

背骨にはたくさんの神経が走っているので、飛び出した椎間板が神経を刺激して激しい痛みを感じます。神経を刺激するため、腰だけでなく足に痺れを感じたりする場合もあり餡巣。

 

急性筋・筋膜性腰痛症や腰椎ねんざは、安静にしていれば痛みが引いていきますが、椎間板ヘルニアは安静にしていてもあまり痛みが取れません。

腰椎椎間板ヘルニアになってしまったら、安静にするのはもちろんですが、コルセットを使用したり、痛み止めを服用することで痛みに対処します。もしそれでもひどい痛みが続く場合は、手術で治療する場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニアは自然治癒する場合もありますが、自己判断は禁物です。念のため、病院で検査してもらった方がいいでしょう。

☆スポンサーリンク☆

-急性腰痛(ぎっくり腰)の原因と対策
-

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.