腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

急性腰痛(ぎっくり腰)の原因と対策

お風呂でぎっくり腰になってしまった女性の体験談と、腰の痛みが和らぐまでの期間。

ぎっくり腰は普段の生活の中で、突然に起こりえます。

若いころは大丈夫だったとしても、30代、40代と歳を重ねるごとにその発症リスクは上昇していくでしょう。

今回は、お風呂から急に立ってしまったためにぎっくり腰になってしまった女性の体験談を紹介します。

そこから見えてくる、ぎっくり腰にならないための注意点とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク

お風呂場でぎっくり腰になってしまった体験談!!

私が初めてぎっくり腰になってしまったのは自宅のお風呂場。

そろそろお風呂から出ようと立ち上がったときに急に腰に電撃が走ったような感じがして、腰が動かなくなってしまったのです。

きっかけになったのはバスタブからの立ち上がり方でした。いつもより勢いよく立ち上がってしまったのは、今でも覚えています。

問題だったのは、まっすぐに立ち上がらなかった点もあるでしょう。身体をねじりながら立ち上がったので余計に腰に負担がかかってしまったのです。

それが引き金になって、かなりきついぎっくり腰になってしまって、その日はお風呂から出るのに主人の手を借りなければなりませんでした。

立ち上がるどころか、横になった状態から身体を起こすことすらできなかったからです。夜に眠るときもうつ伏せも仰向けも無理で、横向きにならざるを得ませんでした。とても辛かったのは寝返りも打てなかったことで、その夜はほとんど眠ることができなかったのです。

 

翌朝になると少しはマシにはなっていて、ハイハイでゆっくりと移動することもでき、壁につかまれば立ち上がることもできました。

一晩で随分回復してくれたお陰で、何とかご飯を食べたり洗濯をしたりする程度のことはできるようになりましたが、腰を動かして電撃が走った直後の状況では横になることしかできなかったのでかなり心配だったのを覚えています。

ただ、ご飯を食べるにも座っていてお茶碗を持ち上げるだけでも少し痛みがあり、洗濯をするときに濡れた洗濯物を持ち上げるのはそれだけでも大変でした。手は使えるから作業はできると思うのは浅はかで、ふとした動作でも腰にも負担がかかっているということがよく実感できたほどです。

結局、主人に手伝ってもらわなければ洗濯物を干すことは難しいのが2日ほど続きました。

3日以降は、何とか自分だけでも洗濯はできるようになって、主人にも普通に会社に行ってもらえるようになったのです。ただ、いつもよりもずっとゆっくりとした動作でやらないと痛みが走ってしまって厳しい状況でした。

日常生活をする上でなお大変だったのは階段を上ることであり、二階に行けるようになるまでには4日かかりました。ものにつかまらずに立てるようになるまでの期間はさらに長く、一週間ほどしてようやく痛みを堪えながら立ち上がれるようになったという程度です。本当に痛みなく歩けるようになるまでには三週間はかかってしまいました。初めての経験だったのと、初日から2日目のところの回復が早かったので、すぐに治るものだろうと思っていましたが、こんなに長く苦しむことになるとは思っていませんでした。

ぎっくり腰になると癖になるという話はよく聞きますが、ある日布団から起き上がるときにまた軽く腰に痛みが走るときがありました。翌日にはほとんど痛みがなくなったものの、勢い良く立ち上がるのは危険だとわかった気がしました。主人に呼ばれて身体をねじりながらとっさに立ち上がったのがきっかけでぎっくり腰になりそうになったので、立ち上がる動作はまっすぐにゆっくりとということを心がけて対策しています。

ぎっくり腰の症状が和らぐまでの期間

この女性はお風呂場で、身体をねじりながら急に立ち上がったことがきっかけでぎっくり腰を発症しました。

1日目は横向きの腰に負担をかけない姿勢で横になるも、ほとんど眠ることができず…。

2日目はなにかに掴まれば何とか立ち上がることができるけれど、日常生活は難しい状態。

3日目は何とか家事ができるようになったけれども、慎重にやらないと腰に痛みが走ってしまう。

4日目はやっと階段を使って二階まで行けるようになる。

そうして一週間後に物に掴まらずに自力で立てるようになり、痛みがなく歩けるようになったのは三週間後でした。

 

ぎっくり腰は、ほとんどの場合、腰に急激な力が加わり、筋肉が傷付いてしまうことが原因で発症します。

そのため、特効薬などはなく、基本的には安静にして痛みが引くのを待ちます。

ぎっくり腰の痛みが和らぐまでの期間には個人差がありますが、今回紹介した女性の体験談は参考になるのではないでしょうか。

 

この体験談から考えて、ぎっくり腰のあとに普段の生活が送れるようになるまでは、だいたい1か月くらいを見ておいた方が良いかもしれませんね。

☆スポンサーリンク☆

-急性腰痛(ぎっくり腰)の原因と対策
-

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.