腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

急性腰痛(ぎっくり腰)の原因と対策

ぎっくり腰の原因は効き尻にあり!?腰への負担を軽減するスタック・シッティングのやり方

投稿日:

2017年2月17日放送の「その原因Xにあり 腰痛と決別SP」では、ぎっくり腰の原因として「効き尻」(ききじり)が紹介されました。

利き尻ってなんなのでしょうか?

利き尻がぎっくり腰の原因になる理由と、ぎっくり腰を予防するスタック・シッティングという座り方を紹介します。

スポンサーリンク

ぎっくり腰の原因になる”利き尻”とは?

人間には通常、「利き手」や「利き足」のように、左右で扱いやすい方があります。

利き尻は自分が扱いやすいお尻のことを指します。

自分のお尻にも扱いやすい方があったんですね。

 

判別方法はとっても簡単。

右に足を投げ出して横座りをする。

左に足を投げ出して横座りをする。

それぞれをやってみて楽な姿勢の方の、地面についている方のお尻が「効き尻」ということになります。

 

 

番組で20名の男女を調べたところ、その内の12名が効き尻に偏り過ぎた座り方をしていたことがわかりました。

ではなぜ、お尻がぎっくり腰の原因になるのでしょうか?

利き尻が腰痛の原因になる理由

自分ではわからないかもしれませんが、イスに座ると、無意識のうちに効き尻の方に体重がかかっています。

この体重の偏りにより、座った姿勢を続けると、常に骨盤が少しだけ傾いた状態になってしまいます。

骨盤が傾くとどうなるか?

身体の無意識のうちにバランスを取ろうとして、上半身である背骨が歪んでしまうのです。

これらの骨盤や背骨のゆがみが、腰の筋肉や腰椎に負荷をかけ、疲労物質が蓄積する原因に

疲労物質が蓄積すると、ちょっとした動作でぎっくり腰になりやすくなるのです。

 

このような効き尻を誘発し、腰への負担が増してしまう座り方があります。

  • 足を組んで座る
  • すべり座り(イスに浅く腰かけ、猫背で背もたれに寄りかかる姿勢)
  • モデル座り(背筋を伸ばし、足をそろえて片方に傾ける姿勢)

楽なのでこんな座り方になってしまっている方も多いのではないでしょうか?

このような座り方を続けていると、余計に腰に疲労物質が蓄積してしまうかもしれません。

番組では対策として、「スタック・シッティング」という、腰への負担を軽減する座り方を紹介していました。

腰への負担が最小限になる座り方「スタック・シッティング」とは?

スタック・シッティングのやり方

①お尻を突き出し椅子の先端に座る

②足を前後に開く

③前足は小指を床に就けるように曲げる。

④後ろ足はひざを深く曲げ、つま先を立てる

⑤股を少しだけ開く

この座り方を行うことで、左右のブレがなくなり、腰への負担も軽減されます。ぎっくり腰の予防にもなるでしょう。

 

前に出す足は、左足でも右足でもOK。

しばらく座ったら、左右の足を交換しましょう。

もし前後ろに足を開いたり、左右に足を広げたりするのが難しい場合は、小さく足を前後に開くだけでもぎっくり腰になりにくくなるようです。

 

「ぎっくり腰は”クセ”になる」といわれますが、その原因は日頃のゆがんだ姿勢によって、腰にストレスや疲労がたまっていることが原因かもしれません。

デスクワークで、勉強をしているとき、カフェやレストランで食事をしているとき、スタック・シッティングを心がければ、なんども悩まされてきたぎっくり腰を予防できるのではないでしょうか。

☆スポンサーリンク☆

-急性腰痛(ぎっくり腰)の原因と対策

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.