腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

慢性腰痛症の原因と対策

慢性腰痛の原因別の分類

いきなり腰に激痛が走る「急性腰痛症」の原因は、ぎっくり腰や腰椎椎間板ヘルニア、腰骨の骨折などがほとんど。その原因として考えられる選択肢は、それほど多くありません。

ですが「慢性腰痛症」の場合、その原因は多岐にわたり、精密検査しても原因がわからないこともあるくらい。

ある日突然腰に激痛が走る「急性腰痛症」と、継続して腰の痛みを感じる「慢性腰痛症」の原因として考えられる症状を、原因別に分類して紹介します。

スポンサーリンク

腰痛の原因を5つに大別

腰痛の原因として考えられる疾患を、5つに大別して紹介します。

*これらの腰痛の原因は、2012年に作成された「腰痛診療ガイドライン」より参照しています。

脊椎由来の腰痛

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 分離性脊椎すべり症
  • 変性脊椎すべり症
  • 代謝性疾患(骨粗しょう症・骨軟化症など)
  • 脊椎腫瘍
  • 脊椎感染症(化膿性脊椎炎・脊椎カリエス)
  • 脊椎外傷(椎体骨折など)
  • 筋筋膜性腰痛症
  • 腰椎椎間板症
  • 脊柱じん帯骨化症
  • 脊柱変形など

神経由来の腰痛

  • 脊髄腫瘍
  • 馬尾腫瘍

内臓由来の腰痛

  • 腎尿路疾患(腎結石・尿路結石・腎盂腎炎など)
  • 産婦人科系疾患(子宮内膜症など)
  • その他(腹腔内病変・後腹膜病変など)

血管由来の腰痛

  • 腹部大動脈瘤
  • 解離性大動脈瘤

心因性の腰痛

  • うつ病
  • ヒステリーなど

腰痛の85%は原因不明!?

たくさんの腰痛原因がありますが、明確に腰痛の原因が特定できるパターンはごくわずか。

腫瘍、感染症、外傷、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などがそれに該当します。

 

慢性腰痛全体の85%は、検査をしても原因はよくわからない「非特異的腰痛」に分類されるといわれています。

原因がわからなければ、いくら医者だったとしても治療するのは難しいでしょう。

慢性腰痛の場合は、完全に治療するのを目的とするのではなく、腰痛とうまく付き合い、痛みを軽減させるような生活を送ることが大事なようです。

もちろん、腰痛が重大な疾患の発露として表れている場合もあるので、いくら85%が原因不明とはいえ、しっかりと病院で検査をしてもらうのはとても重要ですよ。

☆スポンサーリンク☆

-慢性腰痛症の原因と対策
-

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.