腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛の基礎知識

放置すると危険!?内臓疾患が原因の腰痛の症状と、適切に治療するのに大切なこと

更新日:

腰痛は腰椎椎間板ヘルニアや腰椎ねんざなどが原因で発生することが多いですが、中には腰とはまったく無関係の部位、つまり内臓の病気が原因で発生することがあります。

内臓疾患の症状として腰の痛みが出ている場合、通常の腰痛対策はすべて意味を成しません。

もちろん、内臓疾患を放っておくと危険な場合もあります。

内臓疾患が原因で発生する腰痛の特徴や、どのような病気で腰の痛みが発生するのかなどを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

内臓疾患が原因の腰痛は全体の1~2%

腰痛の治療は普通の疾患と比べても、とても難しいといわれています。

その理由は、明確な原因を特定するのが困難だから。

レントゲン検査をしても軟骨は撮影できないし、MRI検査をしても痛みの場所とその原因が繋がるケースはあまりないようです。

そのため、腰痛全体の85%が原因が特定できない「非特異的腰痛」に分類されるといわれています。

 

つまり腰痛で精密検査を受けたとしても、8割以上の患者が「腰痛の原因はわかりませんね~。とりあえず、痛み止めを処方しておきますね」なんてことになるのです。

非特異的腰痛の原因として考えられるのは、腰の筋肉の炎症であったり、精神的な原因であったり、骨のゆがみやヘルニアであったり、とにかくいろんな原因が考えられます。

大切なのは、残りの15%です。

明確な原因のある腰痛を見逃さず、適切に対処することが、腰痛を治療する際に一番大事なこと。

明確な原因のある腰痛のほとんどは「腰椎椎間板ヘルニア」か「腰部脊柱管狭窄症」です。ですが、1~2%は腰以外の病気が原因といわれています。

そのような危険な腰痛の特徴とはなんなのでしょうか?

危険な腰痛の特徴

危険な腰痛の症状は、ただ腰が痛いだけにとどまらない可能性があります。その症状を見逃さず、迅速に医療機関を受診するのが大切です。

危険な腰痛の4つの特徴を紹介します。

①時間や活動に無関係な腰痛

普通の腰痛は安静にしていると痛みが和らぎます。朝に痛みが強かったり、疲れていると痛み出したり…。

ですが、腰以外の病気が原因の腰痛は、まったく無関係に痛みを感じます。

②がんになったとことがある。

過去にがんになったことがある場合、「がんが原因の腰痛」のリスクが0.7%から9%に上昇するといわれています。

その場合、体重の減少や他の症状も出ている場合あがあるので、医療機関を受診する際に申告する方がいいでしょう。

③発熱や胸の痛み

発熱はさまざまな病気の症状として表れることが多く、腰痛と同時に熱が出た場合は注意が必要です。

胸などの腰以外の部分が痛む場合も要注意。

④いろんな腰痛治療をしてもまったく効果がない

普通の腰痛であれは、数週間も治療をすれば、痛みがかなり軽減されてきます。

もし治療をしても痛みが引かない場合、まったく効果がない場合は、痛みの原因が腰ではない可能性があります。

 

このような症状以外にも「なんだかちょっと普通の腰痛と違うな?」という”違和感”を感じたら、念のため医療機関を受診した方がいいでしょう。

腰痛を伴う病気とは?

腰以外の場所に発生した疾患が原因で、腰に痛みが発生する場合があります。

腰痛の痛みの原因として考えられる疾患は多岐にわたりますが、その代表的なものを紹介します。

  • 腹部大動脈瘤・大動脈解離
  • 大腸がん
  • 肝炎
  • 膵臓疾患(膵炎)
  • 腎炎
  • 胃炎・胃潰瘍
  • 十二指腸潰瘍
  • 尿道結石
  • 膀胱がん
  • 甲状腺の疾患

腰痛全体の1~2%が、このような疾患が原因で発生しているといわれています。

内臓疾患が原因の腰痛を見逃さないために

腰痛の診察では、何よりも問診が大切になってきます。

先ほども紹介しましたが、腰痛全体の85%は原因が特定できません。レントゲン検査をしても、ほとんど無意味といわれています。

そのため、問診や身体検査の方が、腰痛の原因を特定するために重要視されています。

内臓疾患が原因の腰痛を見逃さないためには、自分の症状を担当医に正確に伝えることが何よりも大切です。

「いつ痛むのか?」

「腰以外に痛む場所はないか?」

「体長に変化はないか?」

それらの症状を伝え、医師がそれに何かしら異常を感じた場合は、血液検査やMRI現差を行って詳しく原因を調べます。そこで何らかの異常が発見された場合は、その疾患に対応した治療を行うのです。

 

危険な腰痛の特徴を紹介しましたが、これはあくまでも一例にすぎません。

もし何らかの異常を感じた場合は、「ただの腰痛だから…」と放置するのではなく、念のため病院に行って診察を受けることが大切ですね。

☆スポンサーリンク☆

-腰痛の基礎知識

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.