腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛と睡眠

朝起きて腰が痛い場合にオススメの眠る姿勢

更新日:

朝起きて腰が痛いと感じるのは「眠る姿勢」に問題があるのかもしれません。

腰痛の痛みを軽減する眠り方とは何なのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

腰痛の方にオススメの眠る姿勢

眠る姿勢は大きく3つに分別されます。

①仰向け

②うつ伏せ

③横向き

この中で最も腰に負担をかける眠り方は「うつ伏せ」です。腰の反りが強くなるので、腰のストレッチをしている状態になってしまいます。ちょっとするくらいなら腰に良いですが、長時間うつ伏せの姿勢でいると、腰痛悪化の原因になってしまいます。

一般的な眠り方である仰向けでの眠り方も、腰への負担が大きい眠り方。腰はちょっと丸まっている状態が一番楽ですが、仰向けでの眠り方は腰がまっすぐになりすぎてしまうのです。

一番腰に負担をかけないのは「横向き」での眠り方。

横向きに寝て、両足を軽く曲げる姿勢がもっとも腰に負担を書けません。

yokone

横向きで眠るたくさんのメリット

横向きで眠ると腰痛の腰に負担をかけませんが、その他にもたくさんのメリットがあります。

ひとつはいびきが改善され、睡眠が深くなること。

いびきは気道が狭まって呼吸が苦しくなるのが原因。なので、いびきをかいていると睡眠の質が悪くなっている証拠です。

横向きで眠ると、仰向けやうつ伏せの姿勢よりも気道が確保されて呼吸が楽になります。そのため、眠っている最中も「すーすー」と楽に呼吸をすることができます。

同様に、肥満体型で睡眠時無呼吸症候群の疑いがある方や、花粉症や慢性鼻炎で呼吸が苦しい方は、横向きで眠ることで呼吸が楽になり、眠りが深くなります。

 

また、最新の研究では横向き寝がアルツハイマー病の予防につながるということもわかりました。横向きで眠ると、脳内のアミロイドβなどのたんぱく質が効率よく除去されるため、アルツハイマーになりにくいとのこと。

横向きで眠ることには様々なメリットがあるんですね。

腰に負担をかけない起き上がり方

朝起きてガバッっといきなり起き上がると、かなり腰に負担をかけてしまいます。

仰向けの姿勢から起き上がる場合は、まずひざを曲げて横になり、ゆっくりと起き上がります。

腰への負担が多ければ多いほど、腰痛のリスクは上がります。普段の生活から、腰に力がかからないように生活するのが、腰痛の改善や予防につながります。

眠っている姿勢から起き上がるときには腰の力を使うので、ちょっと注意してください。



☆スポンサーリンク☆

-腰痛と睡眠

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.