腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛対策グッズ

腰痛の痛みを緩和する内服薬と外用薬と座薬、それぞれの特徴を紹介

腰痛の痛みがあまりにも耐えられない場合は、痛み止めを服用するのも有効な治療法のひとつです。

腰痛で服用する痛み止めには「内服薬」「外用薬」「座薬」の3種類があります。

それぞれの特徴を紹介します。

スポンサーリンク

腰痛の効く内服薬の特徴

腰痛の痛みに効く飲み薬には、ドラッグストアでも売っている市販薬(一般用医薬品)と、医師の処方箋がないと購入できない処方箋医薬品薬があります。

それぞれの特徴を簡単に説明します。

市販薬(一般用医薬品)

市販薬の痛み止めは、解熱・鎮痛作用のあるものが主です。

腰痛に効く痛み止めとして有名な市販薬に「ラックル速溶錠」がありますが、これもまた解熱・鎮痛作用を持った痛み止め。

腰の痛み以外にも、頭痛・生理痛・歯の痛みの軽減に効果を発揮します。

頭痛の痛み止めとして有名な「イヴ」や「バファリン」も、その効能・効果にちゃんと腰痛という記載があります。

こういった市販の痛み止めは、中枢神経に作用して、身体全体の痛みを軽減します。腰の炎症を抑える効果はほとんどありません。

処方箋医薬品

市販されているお薬よりも、配合されている成分が強いため、医師の指導がないと購入できないのが「処方箋医薬品」です。

腰痛で処方される「処方箋医薬品」は、非ステロイド消炎鎮痛薬であることが多いようです。

この薬を服用すれば、腰の炎症を抑え、痛みを軽減させることができます。もちろん、腰の筋肉が炎症を起こしていることが原因の腰痛にしか効きませんが。

ただし消炎鎮痛薬は、継続して飲み続けると耐性ができてしまい、効き目が悪くなる傾向があります。腰が痛いから取って毎日服用していたら、効果が弱まるので注意が必要ですね。

 

また、症状によっては「神経障害性疼痛治療薬」「血流改善薬」「抗不安薬」などが処方される場合もあります。

医療機関に受診して、自分の症状を診てもらったうえで、医師の指導を仰ぎながら服用しましょう。

薬

腰痛に効く外用薬

腰痛に効く外用薬として最も効果を発揮するのが湿布です。

オススメは抗炎症作用のある湿布です。

「ボルタレン」「フェルビナク」「フェイタス」何かが有名ですね。

内服薬の場合、ドラッグストアで購入できる痛み止めは解熱鎮痛薬であり、効果の強い抗炎症鎮痛作用のある薬は、医療機関を受診する必要があるとお伝えしました。

ですが湿布に関して言えば、強力な抗炎症鎮痛作用を持った成分が手軽にドラッグストアで購入できます。

服用するより安全性が高いからでしょうね。

痛みの激しい腰痛には、抗炎症鎮痛効果のある湿布がオススメです。

腰痛に効く座薬

腰痛に効く鎮痛薬として最強の効果を持つのが、抗炎症鎮痛作用を持った「座薬」です。

飲み薬は消化器官を通ってゆっくりと効いていくので、痛み止め効果が現れるのに時間がかかります。

ですが、座薬は即効性があります。

直腸からダイレクトに薬効成分が吸収されるので、使用してから30分もすれば腰の炎症が抑えられ、痛みが和らいできます。

 

また、内服薬の場合は、胃を荒らす可能性も考慮して胃薬も同時に処方されますが、座薬であれば直腸で吸収されるので胃薬も不要です。

腰痛がひどい場合や、外出先でぎっくり腰になった時のためも、速攻で痛みに効く強力な座薬を持っておけば安心ですね。

座薬を手に入れるためには医療機関を受診する必要があります。お近くの整形外科に行って、医師に相談しましょう。

腰痛に効くお薬まとめ

腰痛の痛み止めとして手軽に試せるのが、ドラッグストアでも購入できる「解熱鎮痛作用を持った痛み止め」や「抗炎症鎮痛作用を持った湿布」です。

痛みがひどい場合は、医療機関から処方箋をもらって「抗炎症鎮痛作用を持った飲み薬」や「抗炎症鎮痛作用を持った座薬」を手に入れましょう。

 

腰が痛いからと言って絶対安静にしていると、腰痛の治りが悪くなってしまう場合もあります。

激しい痛みによって生活に支障をきたす場合もあるでしょう。

痛み止めを上手に使うことができれば、腰痛とも上手に付き合っていくことができるのではないでしょうか。

☆スポンサーリンク☆

-腰痛対策グッズ

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.