腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛対策グッズ

腰痛に対する温湿布の効果と使い方の注意点

投稿日:

突然ぎっくり腰になってしまった場合でも、腰椎椎間板ヘルニアで慢性的に腰が痛い場合でも腰を温めるのは有効な腰痛対策になります。

痛みが激しい場合には、一時的に冷やすことで炎症が抑えられて痛みが緩和されることがあります。ですが長期間、患部を冷やし続けると血管が収縮してしまい、腰の炎症が長引く可能性もあります。

腰を冷やすのは痛みが辛すぎる場合だけにしておいたほうがいいでしょう。

「腰は温める」が腰痛対策の基本です。

ここでは、アマゾンや街のドラッグストアでも手軽に購入できるオススメの温湿布を紹介します。

スポンサーリンク

腰痛対策にオススメの温湿布!

桐灰の腰ホットン

桐灰の「腰ホットン」は正確には温湿布ではありませんが、温湿布と同じく、腰の血流を改善して腰痛の痛みを緩和することを目的に作られた商品です。

約48度のじんわりと気持ちいい暖かさが、なんと18時間も継続します。26センチとかなりデカいので、腰全体を効果的に温めることが出来るでしょう。

ちなみに18時間続くからと言って、眠っているときは使ってはいけないので周囲が必要です。

患部を温めて血流を改善することで、腰痛の痛みを軽減する効果がります。ただし消炎作用のある有効成分などが配合されているわけではなく、純粋に腰を温めるだけの商品になっています。

慢性的な腰痛で常に鈍痛を感じているようであれば、暖かさが長時間続く腰ホットンがオススメです。

フェイタス5.0温感 大判サイズ

数ある温湿布の中でもオススメは、第二種医薬品に分類される「フェイタス5.0温感」です。大きめサイズの方がより使いやすいでしょう。

フェイタス5.0は患部を温めて血行を促進させるだけではなく、消炎鎮痛効果のあるフェルビナクを5%配合しているのがポイント。フェルビナクを3.5%配合した「フェイタス3.5」も販売していますが、やはり5%配合されている方が効果は高いでしょう。

患部を温めるのと同時に、有効成分が患部に浸透することで、炎症を抑え痛みを軽減させる効果があります。

血行促進と消炎鎮痛効果で、慢性の腰痛にも急性の腰痛にもオススメです。

 

ドラッグストアに行くとたくさんの湿布が並んでいて、どれを選んでいいのかわからなくなってしまいます。

さまざまな腰を温める商品や温湿布が販売されていますが、このふたつを押さえておけば十分だと思います。

☆スポンサーリンク☆

-腰痛対策グッズ

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.