腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛の基礎知識

腰痛の痛みを軽減する正しい椅子の座り方

更新日:

デスクワークや学校、喫茶店や映画館、日常生活のなかで座る機会はとても多いです。

長時間座った後に立つと、腰に痛みを感じてしまう・・・それは座り方が正しくないのかもしれません。

腰痛の症状を軽減する椅子の座り方を紹介します。

スポンサーリンク

腰痛にオススメの椅子の座り方

腰痛で腰が痛いときは、なるべく腰に負担の少ない座り方をしたほうが、痛みが軽減されます。

基本は椅子に深く腰を掛け、背筋を伸ばして座る姿勢です。

腰に浅く腰かけて、背もたれに寄りかかり、両足を投げ出すような座り方・・・つまり一昔前の学園ドラマに登場する不良の様な座り方は腰に負担をかけてしまい、腰痛悪化の原因になります。

腰が曲がっていると、腰への負担が増加するので、ピンと背筋を伸ばすのが大事。背筋を伸ばす姿勢を取ると、自然とイスに深く腰掛けるような姿勢になります。

足は投げ出さずに、しっかりと両足の裏全体を床に着けます。

基本的に椅子についている背もたれは使用しません。寄りかからずに、背中と背もたれの間に少しだけ空間があるような姿勢が理想です。

このような姿勢を続ければ、背骨が真っすぐと体重を支えるので、腰への負担が最小限になるでしょう。

suwaru_shisei_bad

座りっぱなしは腰痛になりやすい!

正しい座り方を紹介しましたが、とはいえ座りっぱなしは腰に負担をかけてしまいます。

もし1時間以上座りっぱなしだったとしたら、立って歩くなどして腰を動かす方がいいでしょう。腰を動かすストレッチをするのも効果的です。腰や全身の血流が良くなり、筋肉がほぐれます。腰への負担もずいぶんと軽減すると思います。

 

もし、座り続けなければならず、立って動くことができないとしたら、座ったままでもストレッチをしましょう。

  • 上体を回して座りながら、後ろを向くような格好をする。
  • 両腕を伸ばしたり回したりする。
  • 上体をそらして上を向く、その後に反対側のお腹の方に曲げる。
  • 背筋を伸ばして首をゆっくりと回す

腰痛の痛みを軽減する座り方まとめ

①椅子に深く座る。

②背筋をまっすぐに、背もたれは使わない。

③両足の裏を床にしっかりと着ける。

④長時間座ったとは、腰を休ませる時間をとる。

座っていると楽なので、長時間同じ姿勢になりがち。猫背や悪い姿勢で座っていると、腰に負担をかけてしまいますが、意外と自分では意識できないものです。

正しい姿勢で座って、時折休憩をはさむことで、腰痛の症状を軽減させることができるでしょう。

☆スポンサーリンク☆

-腰痛の基礎知識

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.