腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

慢性腰痛症の原因と対策 腰痛の基礎知識

台風や雨が降ると腰痛がひどくなる理由と痛みをやわらげる方法

雨が降ると間接が痛む、頭痛がする、古傷が痛む…このように天候が体調に影響を与えるケースを称して「気象病」と呼んだりします。

もちろん、雨が降ると慢性腰痛の痛みが増すことだってあります。

気象と腰痛に何の関係があるのでしょう?

雨が降ったり、台風が近づいたりすると、腰が痛みだす理由を紹介します。

スポンサーリンク

低気圧が腰痛を酷くする!?

テレビの天気予報コーナーで使われる天気図をみれば一目瞭然ですが、「晴れ=高気圧」であり「雨=低気圧」という関係性があります。

台風は”発達した低気圧”ですし、台風の勢力が弱まると”温帯低気圧”になります。

この低気圧が腰痛の痛みが増す原因になります。

 

気圧の変化は耳の中にある「気圧受容器」が感じています。スキューバダイビングや登山などで急に気圧が変わったりすると耳が詰まったように感じますが、これも耳が気圧を感じているからこそです。

低気圧になると、気圧が低下して耳の中の気圧受容体も敏感に反応します。その影響で自律神経のひとつである”交感神経”の活動が活発化します。自律神経と痛覚神経は繋がっており、お互いに影響を与え合います。

強い痛みを感じると交感神経が興奮して活発化しますが、反対に交感神経が活発化すると痛みを感じやすくなる場合もあるようです。

そのため雨(低気圧)になると、古傷が痛んだり、頭痛を感じたり、腰痛がひどくなるのです。

低気圧だと血行が悪くなる

低気圧の影響で全身の血流が悪化して、その結果として慢性腰痛の痛みが増す可能性もあります。

普段生活しているだけでは気づかないかもしれませんが、私たちは常に外気からの圧力のもとでくらしています。これが”気圧”です。

気圧が低くなると、全身を押す力が弱まるので、なんとなく血行が良くなりそうですが…実際はその逆で、血行が悪くなるといわれています。

 

蛇口に繋がれたホースをイメージするとわかりやすいでしょう。

ホースから飛び出る水を遠くに飛ばすには、ホースの口をギュッと狭めます。これが圧力がかかった状態。水流も上がり、遠くに飛びます。

逆にホースが太かったり、外からの圧力がまったくない場合は、水圧も低くなって遠くに飛びません。

これと同じことが、人間の身体にもいえます。

普通の気圧で慣れた身体が低気圧に晒されると、血行不良になったり、体内の水分が偏ることによってむくみが出来たりします。

腰の血行が悪くなると、腰部の筋肉が収縮して痛みが増してしまう可能性があるのです。

雨の日に腰が痛くなる場合の対策方法とは?

雨や台風の日に腰が痛くなるのは低気圧が原因。

低気圧によって交感神経が活発化すること、そして血流が低下することが原因で、腰の痛みが増すと考えられます。

その対策として有効なのは、交感神経ではなく副交感神経を優位にすること。

つまり”リラックスすること”です。

リラックスすれば、副交感神経が優位となり、痛みに敏感になっている神経も和らぐでしょう。

副交感神経を優位にすること、そして低気圧で滞った血流を活発化することを同時に行えるのが入浴です。

雨に日に腰の痛みが強くなってきたとしたら、ゆっくりと温めのお風呂でリラックスするのが一番の対策です。

入浴剤を入れたお風呂に入れば、腰の痛みも和らぐのではないでしょうか。

関連記事:慢性腰痛を改善するオススメの"薬用"入浴剤ランキング

☆スポンサーリンク☆

-慢性腰痛症の原因と対策, 腰痛の基礎知識

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.