腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛の基礎知識

非特異的腰痛と特異的腰痛の症状の違いとは?

腰痛は「非特異的腰痛」と「特異的腰痛」とのふたつに分別されます。

特異的は”特別なこと”や”異質なこと”というニュアンスの言葉です。

そのままの意味で読解するなら、非特異的腰痛は「特別じゃない腰痛=普通の腰痛」で、特異的腰痛は「特別に異常のある腰痛」ということになります。ですが、実際の意味はちょっと違います。

 

非特異的腰痛=原因がよくわからない腰痛

特異的腰痛=原因がはっきりしている腰痛

 

非特異的腰痛と特異的腰痛の違いは、痛みの原因が明確なのかどうかになります。

それぞれの特徴を説明します。

スポンサーリンク

非特異的腰痛の症状と対策

非特異的腰痛は原因が明確にわからない腰痛の事で、腰痛全体の85%は非特異的腰痛に分類されるといわれています。

腰がすっごく痛くて、病院でレントゲンを撮ってもらったり、いろんな検査を受けたのに、8割以上の腰痛が原因不明なんてちょっと信じられないですね。

なぜ、腰痛の85%が非特異的腰痛に分類されるのでしょうか?

検査をしても原因が特定できない

例えば腰椎ねんざなんかは、腰の靭帯や筋肉が傷つくことで腰が痛くなるのですが、筋肉の損傷や炎症はレントゲン検査でもMRI検査でもわかりません。

そのため、腰椎ねんざはすべて非特異的腰痛に分類されることになります。

 

また、腰が痛くてレントゲン検査をし、腰椎椎間板ヘルニアが発見されたとしても、非特異的腰痛に分類されることもあります。

ヘルニアが発見された部位に痛みがなく、痛みを感じるのがまったく別の部位だった場合です。その場合、腰の痛みの原因が発見された椎間板ヘルニアではないので、原因不明の腰痛になってしまうのです。

メンタル的な原因で痛みを感じている

腰痛は精神的な負担が原因で発症することが多くあります。

実際に腰に激しい痛みを感じているのに、この痛みが腰の異常ではなく、メンタルが原因?精神病なの??

なんて、ちょっと信じられないかもしれませんが、事実です。

精神病なんて大げさではありまえんが、仕事上の重圧などで日々ストレスを感じていると”痛みを感じやすい状態”になります。これは脳の機能上の問題で、ストレスの影響で痛みを感じにくくする脳内物質の分泌が減少してしまうからです。

強いストレスを感じていると、それが腰の痛みとして現れてくることがあるのです。

成人の腰を良く調べてみると、ほとんどの人に多かれ少なかれヘルニアが見れらるといわれています。ヘルニアがあってもほとんどの人が痛みを感じていないのです。こういった問題のないヘルニアでも、ストレスが強いと激しい痛みを感じてしまうでしょう。

実際、非特異的腰痛を改善するために、ストレスを軽減させる向精神薬が処方されることもあります。

メンタルが原因の腰痛は、レントゲン検査でもわからないので、当然非特異的腰痛に分類されます。ストレス過多な時代を生きる我々にとって、もっとも身近でリスクの高い腰痛といえるかもしれません。

 

腰痛の発症にはさまざまな原因が関与しているます。筋肉の異常や骨の異常が原因のこともあれば、メンタルが原因の可能性もあります。そのため原因の特定がとても困難。レントゲン検査でわかることにも限界があります。

非特異的腰痛が腰痛全体の85%にものぼるといういう結果も納得できるのではないでしょうか。

特異的腰痛の原因

非特異的腰痛が原因不明の腰痛なのに対して、特異的腰痛は原因の明確な腰痛の事です。

その割合は腰痛全体の約15%ほどといわれています。

腰痛の治療の一番のポイントは非特異的腰痛と特異的腰痛を見分けること。特異的腰痛であれば明確な原因があるので、その治療法も適切に行うことが出来餡巣。

では、15%ある特異的腰痛の内訳を紹介します

特異的腰痛の具体的な内訳

  • 腰椎椎間板ヘルニア 4~5%
  • 腰部脊柱管狭窄症 4~5%
  • 圧迫骨折 4%
  • 感染性脊椎炎やがんの脊椎転移 1%
  • 大動脈瘤、尿路結石などの内臓疾患 1%未満

腰痛全体の1~2%くらいが、がんや大動脈瘤などの重大な疾患によって引き起こされているのです。割合は少ないとはいえ、腰の痛みの陰には重大に疾患が隠れているかもしれないと知っておきましょう。

 

ただ、特異的腰痛とはいえ、そのほとんどが「頚椎椎間板ヘルニア」「腰部脊柱管狭窄症」「圧迫骨折」に分類されます。

腰部脊柱管狭窄症は高齢者に多く、加齢による骨の変形が原因である可能性の高い腰痛です。

圧迫骨折は骨が弱くなっている場合に、ちょっとした衝撃が加わったり、身体の重みで腰骨が骨折してしまう病気。骨粗しょう症になりやすい女性や、加齢によって骨が弱まる高齢者に起きやすい腰痛です。

腰椎椎間板ヘルニアは背骨と背骨を繋ぐ”椎間板”から軟骨が飛び出して、神経を圧迫することで痛みを感じる病気。幅広い年齢層で発症するリスクがあり、10代でも起きる可能性があります。もちろん、高齢者の方が骨が変形してくるのでリスクは高まります。

腰が痛い場合は検査をするのが大事です!

rentgen

腰痛全体の85%が原因不明の「非特異的腰痛」に分類されるとはいえ、ちゃんと整形外科で検査を受けることはとても大切です。

もし特異的腰痛だったのなら、原因が明確なので的外れな治療法を行うこともなくなるでしょう。それに、もしかしたら重大な内臓疾患がかかわっているかもしれません。

特に神経を圧迫していて下肢に痺れを感じている場合や、痛み以外にも排尿障害などが現れている場合は、早急に手術が必要になる場合だってあります。

 

自分の腰痛が「特異的腰痛」なのか「非特異的腰痛」なのかを自己判断するのは難しいですし、リスクもあります。

腰の痛みが強い場合や痺れを感じる場合は、整形外科でちゃんと検査してもらうのがとても重要です。

☆スポンサーリンク☆

-腰痛の基礎知識
-

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.