腰痛で痛くて眠れない!とにかく腰痛の痛みを和らげたい!そんな方のために腰痛対策情報をまとめました。

解決!腰痛対策情報室

腰痛対策グッズ

トンデケアの効果と副作用は?

投稿日:

テレビCMでも話題を集めているトンデケアは、腰痛・関節痛・神経痛に飲んで利く第三種医薬品です。

今回はトンデケアの効果や副作用について簡単に紹介します。

トンデケア

スポンサーリンク

トンデケアの効果

トンデケアに配合された有効成分と、そのはたらきを紹介します。

  • フルスルチアミン酸塩酸(ビタミンB1誘導体):神経や筋肉の機能を保つ
  • ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6):神経系を正常に働かせる
  • シアノコバラミン(ビタミンB12):末梢神経の機能を正常に保つ
  • ビタミンEコハク酸エステルカルシウム:血行を促進し、肩こり・腰痛・手足のしびれを緩和させる
  • ニコチン酸アミド(ビタミンB3):筋肉や神経組織に必要なエネルギーの生産を促す
  • パテントン酸カルシウム(ビタミンB5):エネルギーの生産を助ける
  • ガンマーオリザノール:自律神経の働きを助ける

これらの7つの有効成分が痛みを感じる神経組織や筋肉・間接に相互に作用することで、腰痛・関節痛・筋肉痛などの痛みの症状を緩和します。

では次に、トンデケアの副作用を紹介します。

トンデケアの副作用

下記がトンデケアの説明書に記載された注意書きです。

1.次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
(1)医師の治療を受けている人
(2)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人

2.服用後、次の症状が現れた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、 説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
皮膚:発疹・発赤、かゆみ
消化器:吐き気・嘔吐、口内炎、胃部不快感

3.服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい。
軟便、下痢、便秘

4.1ヵ月位服用しても症状が良くならない場合は服用を中止し、説明文書を持って医師、薬剤師または登録販売者に相談してください。

5.服用後、生理が予定より早くきたり、経血量がやや多くなったりすることがあります。
出血が長く続く場合は、この説明文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談して下さい

トンデケアは第三種医薬品なので、基本的には副作用のリスクが少なく、安全に服用することができます。

ですが、トンデケアを服用することで副作用が発生する可能性あります。

皮膚の発疹、発赤、かゆみ、吐き気、嘔吐、口内炎、胃部不快感、軟便、下痢、便秘…このような症状が現れた場合は、医師に相談した方がいいでしょう。

まとめ

トンデケアに配合されている有効成分は、ビタミンB群が主であり、副作用の危険はほとんどないといえるでしょう。

また、ビタミンB群には疲労回復効果もあるので体中の痛みの軽減以外にも、眼精疲労、肉体疲労時、妊娠・授乳期・病中病後の体力低下時に服用することで体力回復をサポートしてくれるでしょう。

日中に体を動かして疲れが溜まっていると、腰痛の痛みが酷くなる場合があります。

そんな時にも、トンデケアを服用すると効果を発揮するのではないでしょうか。

第三種医薬品トンデケアの公式販売サイトはこちら

 

関連記事:腰痛・関節痛に効くトンデケアを通販で30%割安に購入する方法

☆スポンサーリンク☆

-腰痛対策グッズ

Copyright© 解決!腰痛対策情報室 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.